花粉症対策のマスクを考える

マスクは花粉症対策の基礎ですが、マスクにより効果が大きく違う事に最近気が付きました。これまではそれに気が付かず、「とりあえずマスクをしておけば」程度に思っていたのです。
昨今、様々な花粉症対策のマスクが登場しています。お値段もピンキリで、私はマスクにそんなにお金を掛けるのは意味がないと思い込み、それらを頑なに拒否し昔から使用している綿製のマスクを使用していたのです。
しかし効果は「無い」と言っても過言ではない程、その綿製のマスクは効果がありませんでした。そして私自身も「マスク自体が気休め程度のものでしかない」と考え、マスクの重要性について理解を示さなかったのです。
そんなある日、同じく花粉症の夫が私にマスクを手渡してきました。何か妙な形状で、マスク自身に予め「型」が付いているもの使い捨ての物でした。夫は「貰いものだけど、俺の口のサイズに合わない」との事で、夫は続けて「その綿製のマスクじゃ意味がないよ」と言い、私はどうせ貰いものだしと付けてみたのですが・・・世界が変わりました。
明らかに頻度の減った、くしゃみや鼻水・・・マスクを変えるだけでこれほどの差があるのかと、これまでマスクを軽視していた自分を恥じました。それに伴い、その後はマスクを重視し自分に合うマスクを探し続けました。
まもなく、私に口にぴったり合うマスクが見つかり、暫くそれを使用していたのですが、私は「今以上の改善」を求めさらなる対策を考えたのです。
色々と試行錯誤しましたが、結局マスクの問題点とは両サイドの隙間です。これを埋める事が出来れば花粉が入り込む事がなくなるので、ここをぴったりとフィットさせれば最大の効果を生むと判断したのです。
市販のマスクの多くはそのフィット感を売りにしていますが、あくまで大衆向けであり全ての方に対応している訳ではなく、個人差故どうしても隙間が出来てしまう方が億投擲大多数だからです。
そして私は、マスクの両サイドをぴったりさせる為、マスクのゴムを販売の状態よりかなり短くし、無理矢理顔にフィットさせたのです。使用方法にいささか問題はありますが、効果はかなりのものでした。
これに加え、マスクの表面を水で濡らしてさらなる花粉の進入を防ごうとしたのですが、両サイドに隙間がなく非常に息苦しくなってしまったので廃案となり、現在はゴムを短くしているだけです。ゴムを短くした為に耳が引っ張られて少し痛いですが、これで花粉を遮れるなら・・・と継続しています。